暇な店と忙しい店

デリヘルの広告は10年前までは圧倒的に紙媒体の時代でした。

無理して広告費を出しても女の子さえ出勤していれば

確実に掲載料以上の利益があったものです。

その後

インターネットの普及とともに

紙媒体の効き目は薄れてゆき

紙媒体に頼るお店はげ激減しました。

デリヘル店=ホームページは当たり前の時代に

お店のホームページを作って風俗情報サイトに無料もしくは数万円の出費で

雑誌の広告以上の売り上げをもたらすことになりました。

紙媒体の高額な費用から解放され

低コストでデリヘル店の経営が出来ることになりました。

この低コストでの開業が

全国のデリヘル店の増加、激安店の増加

デリヘル氷河期へのスタートとなりました。

現在では情報サイトへ広告料を数十万円かけても

満足いく売り上げにならないお店も増えています。

また情報サイトによっては

更新頻度によってランク付け等で

暇な時間は従業員が自分のお店の情報を上位に上げるために

更新頻度を高めないといけない状況に

お店によっては更新専門のバイトを雇うお店まであります。

インターネットによって低コストで開業できたお店が

紙媒体の10年前の高額費用が必要な時代に舞戻りました。

今後は情報サイトに頼るのでは無く

自サイトの検索上位を目指さないといけない時代

暇なお店は 情報サイトだけに頼っている傾向にありますね

忙しいお店は +自サイトの検索上位を達成できているお店なんです。

しかし自力での検索上位が無理な方は

こんなサポートをしてくれるSEO対策業者さんも紹介します。

風俗のSEO対策 風俗SEOドットコム

みなさん頑張って冬の時代を乗り越えましょう。